Powered by 日刊工業新聞

ニュース

大和ハウス、ベトナムの工業団地に物流施設2棟 初のマルチテナント型

【2018年09月06日付 建設・エネルギー・生活面 日刊工業新聞電子版

完成イメージ

大和ハウス工業は5日、ベトナム・ホーチミン近郊のドンナイ省の「ロックアンビンソン工業団地」内に物流施設を2棟建設すると発表した。同社としてはベトナム初のマルチテナント型物流施設となる。

ベトナムの多様な物流ニーズに応えるのが狙い。ベトナム国内外の物流企業をターゲットにする。1棟目(完成イメージ)は10月1日に着工し、2019年6月の完成を目指す。2棟の総事業費は約33億円。

物流施設「Dプロジェクト・レンタルウェアハウス・ロックアンビンソン」は鉄筋平屋建てで計2棟を建設する。敷地面積は1棟目が約6万6000平方メートル、2棟目は約6万6600平方メートル、賃貸面積は1棟目が約3万2000平方メートル、2棟目は約3万平方メートル。それぞれ最大6テナントの入居を予定する。2棟目は19年7月に着工し、20年3月の完成を目指す。

ページトップ