Powered by 日刊工業新聞

ニュース

新潟・長岡市、「長岡北スマート流通産業団地」の第1期予約分譲

【2018年11月27日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

【新潟】新潟県長岡市は26日、市内で整備を進めている「長岡北スマート流通産業団地」の第1期予約分譲申し込みの受け付けを開始した。分譲するのは約3795―約1万4958平方メートルの9区画で価格は約5996万―約2億4830万円。2019年2月22日まで受け付け、20年の夏、秋に引き渡す予定だ。

申し込みができるのは土地売買契約から3年以内に事業所を新設して操業開始できる企業と、団地内の消雪施設を維持管理する組合を設立・運営できる企業。同団地は17年に開通した北陸道・長岡北スマートインターチェンジに直結。第2期、第3期の区画は19年度内に予約分譲を始める。磯田達伸市長(写真)は「企業誘致で市をますます活性化させたい」とした。

ページトップ