Powered by 日刊工業新聞

ニュース

美濃工業、タイに第2工場 アルミダイカストに投資6億円

【2019年11月18日付 自動車面 日刊工業新聞電子版

【岐阜】美濃工業(岐阜県中津川市、杉本潤社長、0573・66・1025)は自動車向けアルミニウムダイカスト部品を生産する、タイの現地法人ミノ・タイランド(チョンブリ県)が第2工場を建設する。2021年1月完成予定。総投資額は約6億円。日系メーカーを中心とした需要増に対応する。

既存工場があるアマタ・ナコン工業団地に新設する。延べ床面積は8600平方メートル。建設資金は日本の金融機関が取引先の海外現地法人に直接融資するクロスボーダーローンを活用し、十六銀行から1億バーツ(約3億5000万円)、愛知銀行から3000万バーツを調達した。

ミノ・タイランドの森本勝己社長は「自動車業界は変革の時期にある。技術力とネットワークを最大限活用し、引き続き成長を続ける」と意気込みを語った。

ページトップ