Powered by 日刊工業新聞

ニュース

オガワエコノス、福山市に産廃処理工場 23年稼働

【2020年3月27日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

【広島】オガワエコノス(広島県府中市)は、広島県福山市の「びんごエコ団地」に産業廃棄物処理工場を建設する。2022年初頭に着工し23年の稼働を予定。総投資額約10億円を見込む。広島県、福山市との間で立地協定を結んだ(写真)。

新工場は敷地面積9992平方メートル。建屋の面積や設備の配置などは現在検討中だが廃棄物の処理能力は年間4、5万トンとなる見込み。新工場で全社の処理能力はほぼ倍増する。

廃プラスチックや木くず、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ