Powered by 日刊工業新聞

ニュース

キャニコム、42億円投じ新工場 造林作業機を増産

【2020年6月10日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

新工場の完成予想図

【福岡】キャニコム(福岡県うきは市、包行良光社長、0943・75・2195)は、造林作業機などの生産拠点を増強する。約42億円を投じて久留米・うきは工業団地(福岡県久留米市、同うきは市)に工場を新設する。海外需要をにらんで増産体制を整える。売れ行きが好調な多目的造林作業機「山もっとジョージ」をはじめとする3―5トンクラスの産業用大型・中型運搬車、大型草刈り機などの生産拠点とする。

新工場「演歌の森うきは」の敷地面積は約5万1700平方メートルで、建屋は一部2階建て。建築面積は現工場(福岡県うきは市)の約1・5倍となる約1万2000平方メートル。7月下旬に着工し、2021年9月の操業を予定する。

ファイバーレーザー加工機や粉体電着塗装ラインなどを導入し、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ