Powered by 日刊工業新聞

ニュース

東邦ガス、熱量調整装置を拡販 中小ガス製造工場向け

【2020年6月25日付 建設・生活・環境・エネルギー1面 日刊工業新聞電子版

都市ガス製造工場向け熱量調整装置「AtoMS(アトムス)」

【名古屋】東邦ガスは都市ガス製造工場向け熱量調整装置事業を強化する。JFEエンジニアリングと共同開発した液ガス式熱量調整装置「AtoMS(アトムス)」を、中小のガス事業者向けに売り込む。また既存の同様装置を安価に改造する技術を確立し、熱量が低いシェールガス由来の液化天然ガス(LNG)を扱いやすくできる改造も提案する。従来のJFEエンジを中心にしたガス工場の新増設向けで年間1事業場ペースの販売に加え、装置改造でも年間1事業場のペースで販売を目指す。

熱量調整装置はLNGの気体中に液化石油ガス(LPG)の液体を直接噴射してガス化して混合、一定熱量に調整する。LNG流路の一部を分岐した少量のLNGとLPGを噴射し、LPG液体の小径化で素早く気化しやすい。

最小流量と最大流量の比率を大きくでき、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ