Powered by 日刊工業新聞

ニュース

双日、レンタル工場の賃貸開始 インド工業団地で

【2021年1月8日付 国際・商社面 日刊工業新聞電子版

双日は、インド・チェンナイ市近郊にある双日マザーサン工業団地(SMIP)内で第1期レンタル工場の賃貸を始めた。SMIPは、同国最大の自動車部品メーカーであるマザーサングループとの合弁事業。

第1期レンタル工場は最小で約1000平方メートルから賃貸が可能。早期の生産開始、初期投資を抑えた進出が可能。SMIPではレンタル工場に加え、電力、上下水道といった基幹インフラを整備した約60区画の土地も用意しており、進出企業の希望に合わせて最大約10ヘクタールまでの区画を提供する。

SMIPは、チェンナイ最大の工業集積地であるオラガダム地域まで車で30分圏内に位置するなどアクセス環境が良好である点も特徴という。

発電容量は1000キロワット規模。工業団地の入居企業にグリーン電力を供給する。

最近チェックした情報

ページトップ