Powered by 日刊工業新聞

ニュース

フェローテックマテリアルテクノロジーズ、特殊セラミックス増産 石川県に第2工場

【2021年9月6日付 電機・電子部品・情報・通信面 日刊工業新聞電子版

新設する石川第2工場(イメージ)

フェローテックホールディングス(HD)子会社のフェローテックマテリアルテクノロジーズ(東京都中央区、野口達也社長)は、山島工業団地(石川県白山市)内に「石川第2工場」を新設し、半導体など製造分野向け特殊セラミックスを増産する。旺盛な半導体需要に伴い増大する同製品の需要に対応する。11月に着工し、2022年10月に稼働予定。既存第1工場との一体運営により年産能力を現状比7割増にする。投資額は40億円。

石川第2工場は白山市の第1工場近隣にある同社開発センター敷地(約9000平方メートル)内に建設。3階建てで延べ床面積は5350平方メートル。第1と第2工場を使い製造工程全体を拡大し一体運営により生産を増強する計画。生産設備の一部は第1工場から移設。将来は生産能力を現状比で倍増させることを視野に入れる。生産するマシナブルセラミックスは機械加工が容易で半導体・液晶の製造用部品、検査治具の材料になる。半導体製造が活況な中、同製品の需要も急増。しかし第1工場は拡張余地がないため、新工場設置を決めた。

ページトップ