Powered by 日刊工業新聞

ニュース

ヤンマー、インドでエンジン工場稼働 農機向け年産8万台

【2022年2月3日付 機械・ロボット・航空機1面 日刊工業新聞電子版

ヤンマーホールディングス(HD)は、インド南部のタミル・ナドゥ州で産業用小型エンジンの新工場(写真)を稼働させた。まずインドの農業機械メーカー、インターナショナル・トラクターズ(ITL)で生産するヤンマーブランドのトラクター向けなどに同エンジンを供給。2023年3月期以降はグローバル市場向けに展開する計画だ。投資額は非公表。

ITLはインドのトラクター販売台数で推定シェア3位。ヤンマーが30%出資する。

同州内の工業団地に設けた新工場は…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる