Powered by 日刊工業新聞

ニュース

カネカ、北海道に新工場 血液浄化器の生産体制強化

【2022年1月25日付 総合3面 日刊工業新聞電子版

カネカは24日、北海道苫小牧市に血液浄化器の新工場を建設すると発表した。投資額は100億円。2024年5月の稼働を予定する。血液浄化器は大阪工場(大阪府摂津市)で生産しているが、欧米や中国などで市場拡大が見込まれており、世界での事業拡大をにらみ、生産体制の強化が必要と判断した。

新工場では血中の悪玉コレステロールを選択的に除去する「リポソーバー」や、重症化した閉塞(へいそく)性動脈硬化症(ASO)の病因物質を取り除く「レオカーナ」を生産する。

リポソーバーは欧米を中心に、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる