Powered by 日刊工業新聞

ニュース

日立建機、子会社に戦略投資30億円 滋賀工場の生産能力増強

【2022年4月22日付 機械・ロボット・航空機面 日刊工業新聞電子版

日立建機は21日、子会社の日立建機ティエラの滋賀工場(滋賀県甲賀市)関連で合計30億円を投資し、ミニショベルやミニホイールローダーの生産能力を2025年度までに21年度比3割増やすと発表した。21年度の能力は3万台弱。生産ライン増強に加えて製品試験場も強化する。滋賀工場から1・3キロメートルの距離にある、ひのきが丘工業団地(同)に約1万8400平方メートルの土地を購入、6月に新試験場を着工し、24年度に稼働させる。

北米や欧州のミニショベル需要増加に対応するのが狙い。北米は22年3月から米ディア&カンパニーとの合弁を解消、自前営業に切り替えており、住宅市場の好調もあって製品供給ニーズが高まっている。欧州は環境対応の観点から電動化建機の需要が多く、6月から5トン級の電動ミニショベル「ZX55U―6EB」の受注を始める計画だ。同機種は滋賀工場で開発、生産している。

引き続き

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる