Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/イスラム圏で反仏拡大

【2020年11月11日付 国際面 日刊工業新聞電子版

相次ぐテロ・不買運動

中東やアジアのイスラム世界で、フランスに対する抗議行動が続いている。「表現の自由」を掲げるフランスが、それを盾に、預言者ムハンマドをからかう風刺画を容認したためだ。西欧民主主義とイスラム文化の価値観の違いが、改めて浮き彫りになった。

事の発端は9月2日、フランスの政治週刊紙シャルリエブドが、ムハンマドの風刺画を再び掲載した問題だった。預言者の姿を描写することはイスラム世界では「偶像崇拝」に当たり、一切認められない。

だが反骨精神旺盛なシャルリエブドは、欧州で近年続発する過激派のテロへの批判を込め、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ