Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/パキスタン車市場、シェアに変化

【2019年6月28日付 国際面 日刊工業新聞電子版

非日系メーカー参入相次ぐ

スズキのパキスタン生産販売子会社「パックススズキ」は6月15日から新型ALTOを発売

パキスタンは2億778万人(2017年国勢調査)という人口大国にもかかわらず、自動車生産は約26万台(17年4月―18年3月、パキスタン自動車工業会)と見栄えのしない状況にとどまっている。人口2億6416万人(18年中央統計庁)のインドネシアは134万台(18年度、インドネシア自動車工業会)と、100万台のラインを大きく突破している。共通しているのは、日系自動車メーカーがともに9割超のシェアを握っていることだ。

ところが近年、インドネシアでは中国系メーカー(上汽通用五菱汽車、東風小康汽車)の生産が始まり、少しずつシェアを獲得しつつある。同様に、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ