Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/難しい舵取り迫られるFRB

【2019年10月4日付 国際面 日刊工業新聞電子版

政治圧力屈せず政策運営を

2019年夏、欧米の中央銀行は大きな政策変更を迫られた。量的緩和の出口戦略を着実に実践してきた米連邦準備制度理事会(FRB)は、7月末の連邦公開市場委員会(FOMC)で10年7カ月ぶりの利下げに転じ、同時に、バランスシート縮小停止の日程を2カ月前倒しした。さらに、9月の会合では2回連続での金利引き下げとなった。

矢継ぎ早の金融緩和に対して、パウエル議長をはじめFRBの基本的なスタンスは、米国経済の下振れリスクや低インフレに対応するための保険的利下げであり、景気後退を前提とした本格的な利下げサイクルの開始を否定するものだ。

今後も内需主導の緩やかな景気拡大のパスを描く限り、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ