Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/中国で拡大するモバイル決済

【2019年10月30日付 国際面 日刊工業新聞電子版

日本でも利用率上昇

無人駐車場では、QRコードによる入場・料金精算の支払いが行われている

「財布よりスマホをなくしたほうが大変」と揶揄(やゆ)されるように、中国では財布よりモバイル決済の媒介になるスマホは欠かせない存在だ。都市部にいる多くの中国人は、毎朝、タクシーを呼ぶアプリでタクシーに乗るか、自転車シェアリングサービスの後発参入者である哈羅単車(Hellobike)や配車アプリ大手DiDiの傘下にある青桔単車にまたがる。ランチは出前アプリで頼み、喫茶店は行く前にスマホで先にオーダー、待ち時間を節約する。レストランでは、ウエーターではなく、机に貼り付けられているQRコードをスキャンして注文する。当然だが、すべてのサービスにおいてモバイル決済で勘定を済ませる。

従来、病院では…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ