Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/今年も盛況、ミュンヘン・ビール祭り

【2019年10月25日付 国際面 日刊工業新聞電子版

クラフト醸造所増加

ドイツ南部の都市ミュンヘンでビールの祭典「オクトーバーフェスト」のパレードを盛り上げる曲芸師たち(9月22日、AFP時事)

恒例のドイツ・ミュンヘンのビール祭り、オクトーバーフェストが無事閉幕した。今年で186回目を迎えるこの祭りは、1810年10月、当時のバイエルン王国の皇太子ルードヴィッヒの結婚式の祝いから始まったと伝えられている。毎年終了すると関連する統計数字が発表されるが、9月21日から10月6日までの会期中で、今年は前年より10万人多い630万人が訪れ、730万リットルのビールが飲まれ、124頭の牛が食べられたという。

会場となるテレージエンヴィーゼには、ビアホールの代わりとなる17の大テントと21の小テントが張られ、その中でひたすら飲み、食べ、ブラスバンドに合わせて歌うという日が続く。提供されるビールは1リットルのジョッキと決まっており、価格はテントによって違うが、11・70ユーロか11・80ユーロというところが多い。日本円で1400円程度。1リットルのビールの値段は毎年少しずつ上がっており、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ