Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/パキスタン、脆弱経済脱皮へ第一歩

【2019年4月19日付 国際面 日刊工業新聞電子版

製造業振興で債務返済

スズキはパキスタン子会社のパックスズキモーターが昨年11月、4輪車生産累計200万台を達成した(記念式典での鈴木修スズキ会長(右)とアブドゥル・ラザク・ダウード首相顧問)

イムラン・カーン氏が第22代パキスタン首相に就任してはや8カ月。クリケットのスーパースターから政界に転じ、2018年の総選挙で率いる政党が第一党となった。首相にたどり着くまでの22年間は、野党パキスタン正義運動(PTI)の党首だった。それ故、政治手腕を危ぶむ人も少なくなかったが、不正・腐敗の噂(うわさ)が絶えなかった前政権に比べ、現時点では好意的な評価が多い。

首相就任直前の18年4―6月期にパキスタンの政府および民間の対外債務(四半期ベース統計、出所・パキスタン国立銀行=SBP)は953億4200万ドルにまで膨れ上がっていた。歴代政権の負の遺産を丸ごと抱え込んでしまった重荷とはいえ、19年4月5日時点の外貨準備高は172億2830万ドル(出所・SBP)、うちSBPの外貨準備金は102億7190万ドル。このままでは国が破綻しかねない。

カーン首相は国際通貨基金(IMF)に緊急支援を要請する一方で、諸外国にも資金援助を求めた。18年10月、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ