Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】新興国ウオッチ(3)バングラデシュ-近づく後発開発途上国の卒業

【2018年8月9日付 金融面 日刊工業新聞電子版

ここ数十年バングラデシュの経済は安定的に推移し、国内総生産(GDP)成長率は2008年のリーマン・ショック時も含め5―7%と高い水準を維持しているところ、いよいよバングラデシュの後発開発途上国卒業が近づいている。

後発開発途上国とは、国連開発計画委員会が認定した途上国の中でも特に開発が遅れている低所得国である。

3年ごとにリストの見直しが行われ、(1)1人当たり国民総所得(GNI)、(2)成人識字率などを指数化した人的資源指数、(3)経済や環境の構造的脆弱(ぜいじゃく)性を測る経済的脆弱性指数の3項目全てにおいて一定の基準を下回った場合、リスト入りとなる。

卒業条件はレビュー時に、(1)から(3)のうち二つの項目において、リスト入りした時点の基準値よりも高く設定された目標値を上回ることである。

この状態が2レビュー連続すると卒業が確定し、さらに…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ