Powered by 日刊工業新聞

特集

【連載】沖縄でつくる 製造業の選択(5)トランスコスモス モノづくり支援、航空機も視野

【2018年8月2日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

移転拡張した「BPOセンター沖縄うるま」。今年6月に稼働した

設計開発を受託

日本の製造業を下支えする―。トランスコスモスは沖縄でモノづくり支援の強化に動いている。大手メーカーの設計・開発を受託し生産性を高める「エンジニアリングサービス」だ。6月に県中部・うるま市の新施設に移転拡張し、新たなスタートを切った。

業務受託(BPO)大手の同社は1999年に沖縄に進出。コールセンターなど県内10拠点を構える。観光に次ぐ沖縄県の柱となった情報通信産業の中核企業の一つだ。

エンジニアリングサービスでは10年に進出。船津康次会長兼CEO(最高経営責任者)は「ニーズは高い。安定した採用と人材確保がきっちりできる」と沖縄強化の背景を説明する。製品設計、組み込みソフト開発など直接的な領域と、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ