Powered by 日刊工業新聞

特集

【2020予算】横浜市、1兆7400億円 企業・人材・投資呼び込む

【2020年1月30日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

【横浜】横浜市は29日、戦略的な企業誘致や国内外から人材、投資を呼び込むための予算29億4300万円を盛り込んだ2020年度当初予算案を発表した。うち企業立地促進条例の助成費を3億600万円増の24億1300万円とした。次世代産業創出事業として6000万円を計上。横浜市中区のベンチャービジネス支援拠点の運営、産学官の連携によるビジネスモデル創出などに充てる。

20年度当初予算案は一般会計が前年度比1・2%減の1兆7400億円。うち中小企業への総合的な支援として、同約1・4%増の364億200万円。中小企業災害対策特別資金利子補給は1億3100万円。19年の台風で被災した中小企業が対象の制度融資を利用する場合の利子を全額補給する。

小規模企業や…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ