Powered by 日刊工業新聞

ニュース

住商、バングラデシュ経済特区を開発

【2019年5月28日付 総合3面 日刊工業新聞電子版

経済特別区開発場所(同社発表資料から)

住友商事は27日、バングラデシュの首都ダッカ近郊・ナラヤンガンジ県に、同国開発庁と経済特区(SEZ)を開発すると発表した。今夏ごろに開発事業会社「バングラデシュSEZ」を設立し、2021年度の稼働を目指す。日系の同国SEZは、初めてとなる。

開発事業会社は住友商事が76%出資し、同国経済特区庁が24%出資する計画。資本金(未定)を含めた総事業費130億円強は、日本の国際協力機構(JICA)のバングラデシュ政府への円借款で支援する。

最近チェックした情報

ページトップ