Powered by 日刊工業新聞

ニュース

西日本豪雨2年、復興進む広島企業 BCP経験、コロナで生かす

【2020年7月6日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

安浦町の中路産業は新しい工場建屋を稼働させた。手前の橋がかかっているのが、土石流が流れた中畑川

西日本各地に甚大な被害をもたらした西日本豪雨から、6日で丸2年。被災地では入札不調による復興工事の遅れなどもあったものの、復旧・復興に向けた動きは着々と進む。広島県の被災地のもようを追った。(福山支局長・清水信彦)

【260億円で再建】

「生産再開まで1年11カ月かかったが、遅いとは思っていない。むしろ最速でこれた」―。コカ・コーラボトラーズジャパン広島工場(広島県三原市)の升井慎一工場長は6月12日、広島県庁と三原市役所を訪問し、工場の生産再開の報告を果たした。

三原市本郷町の中心部に立地していた旧広島工場は、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ