Powered by 日刊工業新聞

ニュース

耐久試験機そろえレンタルラボ提供 ユアサシステム機器が岡山に

【2020年8月6日付 機械・ロボット・航空機1面 日刊工業新聞電子版

恒温恒湿状態や複数台の耐久試験機を使う試験も可能

ユアサシステム機器(岡山市北区、岡崎恭久社長、086-287-9030)が試験機と研究室をセットにして貸し出すレンタルラボ事業に乗り出した。フレキシブルプリント基板(FPC)などの耐久性を試験する専用施設を岡山市北区に設け、1週間単位で賃貸する。消費税抜きの料金は耐久試験機の機能や試験条件などにより、14万―40万円程度。

岡山市北区の産業用地、岡山リサーチパークに「リサーチパーク研究所」を建設した。レンタルラボは合計7室あり、1室の面積は約20平方メートル。恒温恒湿状態や複数台の耐久試験機を利用した試験も可能だ。

耐久試験機は折り畳み型スマートフォンの製品化などにより、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ