Powered by 日刊工業新聞

ニュース

石炭の国際物流ターミナル、岸壁が完成 福島・小名浜港東港

【2020年9月25日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

来月供用開始 日本最大級ターミナルに

来月にも供用開始するターミナル

福島県小名浜港の東港地区で建設していた石炭の国際物流ターミナルの岸壁が10月中に完成する。同ターミナルの輸入炭受け入れにより、既設の6―7号埠頭(ふとう)と合わせ、小名浜港は国際バルク戦略港湾として日本最大級の石炭供給基地となる。10月に商用運転を始める世界最大の石炭IGCC(ガス化複合発電)火力発電所向けなど、海外からの石炭を安定供給する。(いわき・駒橋徐)

10月3日に国土交通省、福島県と運用事業者の小名浜東港バルクターミナル(福島県いわき市)が供用式を開く。小名浜港東港は国交省が2008年から総事業費887億円を投じて小名浜港の沖合に造成してきた。

石炭の物流拠点として…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ