Powered by 日刊工業新聞

ニュース

環境省、丸紅の豪州水素事業をJCMに採択

【2021年10月13日付 建設・生活・環境・エネルギー1面 日刊工業新聞電子版

環境省は日本の技術を活用して海外の温暖化対策に貢献する「二国間クレジット制度」(JCM)に丸紅が計画する豪州での水素製造の実証事業を採択した。同社は再生可能エネルギーを利用して水素を安価に製造し、インドネシアの工業団地の燃料電池に供給する。輸送には水素吸蔵合金を使う。

JCMは設備費用の一部を国が補助し、事業によって削減した二酸化炭素(CO2)排出量の半分を日本政府が獲得する。

最近チェックした情報

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる