Powered by 日刊工業新聞

ニュース

栃木・足利東部工業団地協組、BCP策定 事業継続へ組合一丸

【2021年10月28日付 東日本面 日刊工業新聞電子版

足利東部工業団地協同組合(栃木県足利市、小倉勝興理事長)は、組合員企業11社の相互支援や行政との連携などを定めた事業継続計画(BCP)を策定した。個社では対処できない自然災害などの緊急事態に、協力して事業継続できる体制を築く。今後、企業間で代替生産する体制も検討する。

同組合では2019年に発生した台風19号による河川の氾濫で大きな被害を受けており、協力して事業リスクへの備えを強化することにした。災害発生時には災害対策本部を設置し、企業間で情報を共有して安全確保や復旧対応に必要な資材や設備などを相互に提供する。

具体的には…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる