Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/マレーシアの政変「激動の1週間」

【2020年3月4日付 国際面 日刊工業新聞電子版

ムヒディン氏任命で決着

地元のテレビ局が「マレーシアの政治史上一番長い1週間」と表現した「激動の1週間」は1日の国王によるムヒディン・ヤシン氏の次期首相任命式挙行で決着した。ムヒディン・ヤシン氏はこれまで表に出ることは少なかったが、いくつかの大臣ポストを歴任した42年のキャリアを持つベテランの政治家である。

この1週間の目まぐるしい政争について、次の3点を指摘したい。

まず、国民不在の「バックドア政府」の誕生という点だ。2018年5月の総選挙で民意が示され、それまで61年間政権を担ってきた統一マレー国民組織(UMNO)に対してノーが突きつけられた。今回は、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ