Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】アジア人材活用術(2)マレーシア−給与の良さが絶対条件

【2017年08月04日付 総合4面 日刊工業新聞電子版

マレーシアの主要民族

「自社で人材を募集したが、良い候補者がいないし、来ても数が集まらない。何とかしてほしい」―。マレーシアの日系企業幹部からよく聞く悩みだ。

以前、JACマレーシアを利用して転職した250人に聞き取り調査をしたところ、転職理由の1位が「給与に不満」で全体の44%を占めた。2位が「労働条件に問題」(17%)、3位が「仕事内容」(14%)。マレーシア人にとって、給与の良さが転職を決める絶対条件と言える。

JACグループは毎年、アジア各国の給与を調査している。年収を日系と外資で比較すると、下限の額はほぼ同等だが、上限となると職種によっては外資が日系企業の3倍という職種もある。いまだに「アジアの人件費は安い」という固定観念を持つ日系企業が多いため、市場の給与水準よりも低い…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ