Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/メキシコのポピュリスト政権

【2019年8月22日付 国際面 日刊工業新聞電子版

内外で懸念の声広がる

5日、メキシコ中部バジェデブラボで記者会見するロペスオブラドール大統領=大統領府提供(EPA時事)

メキシコのロペスオブラドール政権が発足してから約8カ月。当初から指摘されていたポピュリズム(大衆迎合主義)的傾向が一段と顕著になり、内外から懸念の声が聞かれる。

ロペスオブラドール氏が昨年の大統領選で社会格差是正、汚職追放をスローガンに圧勝。同12月1日に同国初の左派大統領として就任した当時は「左派大統領とはいえ、経済面では現実路線を採用するだろう」(在メキシコ大手商社幹部)との楽観的見方がメキシコ経済界や外国企業の間で流れた。

ところが、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ