Powered by 日刊工業新聞

ニュース

埼玉県、鶴ケ島にLPWA通信網整備 先端企業の誘致見込む

【2018年06月01日付 中小企業・地域経済面 日刊工業新聞電子版

【さいたま】埼玉県は、鶴ケ島ジャンクション(埼玉県鶴ケ島市)を軸とする半径10キロメートル圏内での広域・省電力無線規格「LPWA」の通信網整備について、京セラコミュニケーションシステム(KCCS、京都市伏見区)に委託することを決めた。2018年度に基地局整備などに約3000万円を投じる。橋梁などインフラの管理・監視、子どもやお年寄りの見守りサービスなどへの利活用につなげる。「超スマート社会」の実現を目指す。

埼玉県は鶴ケ島市など13市町とともに、地域未来投資促進法に基づく「鶴ケ島ジャンクション周辺地域基本計画」を策定。その一つに、LPWAを活用したIoT(モノのインターネット)ネットワークの整備などを挙げている。

公募型企画提案競技で3社の中から選ばれたKCCSは、京セラとKDDIの共同出資会社。LPWAの一つ、「シグフォックス」の全国への通信網拡大を進めており、埼玉県の当該圏内でも10基地局を整備済みだ。今回の受託で18年度中に18基地局まで増やす計画。

シグフォックスは通信速度が上り毎秒100ビット、下り同600ビット。屋外に設置したセンサーからの情報など、少ない通信量のデータのやりとりに向いており、「スマート農業」への活用を推す声も少なくない。

整備地域の核である鶴ケ島ジャンクションは関越自動車道と首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が交わり、利便性が高い。先端企業の誘致が見込まれている。

ページトップ