Powered by 日刊工業新聞

ニュース

マレーシア味の素が新工場、エンステック工業団地に建設

【2019年8月20日付 建設・生活・環境・エネルギー面 日刊工業新聞電子版

味の素は19日、子会社のマレーシア味の素(クアラルンプール市)が新工場を建設すると発表した。市内に工場を持つが安定生産に向け、エンステック工業団地(ヌグリ・スンビラン州)にうま味調味料などの生産拠点を移転する。2022年4月に稼働を予定し、総投資額は約3億5500万マレーシアリンギット(約93億円)。

マレーシア子会社は61年に設立。クアラルンプール市のさらなる商業・居住施設開発が見込まれ、安定生産の確保を目的に新工場建設を決めた。本社は同市内で移転する予定。

新工場の敷地面積は約18万8000平方メートルで、延べ床面積約5万4000平方メートルの工場を建設する計画。うま味調味料や風味調味料、外食産業向け調味料などを生産する。

自動化・デジタル化技術を導入し、オペレーションの最適化や生産性の向上を図るほか、工場見学や料理教室などを実施する“魅せる工場”にするという。

ページトップ