Powered by 日刊工業新聞

ニュース

マスヤ工業、呉に新工場 舶用ポンプ生産、22年春稼働

【2020年6月17日付 機械・航空機1面 日刊工業新聞電子版

【広島】シンコー(広島市南区、筒井幹治社長、082・508・1000)の子会社であるマスヤ工業(広島県呉市)は、呉市の阿賀マリノポリス地区工業用地約2万5805平方メートルを取得し、新工場を整備する。取得額は約10億円。呉市と分譲契約を締結した。

シンコーはポンプやタービン製造を手がけており、マスヤ工業では船舶用ポンプを生産している。新工場では、現状行っているポンプの機械加工、組み立てに加えて塗装、試験、出荷までを行い生産効率を高める。業務拡大に伴い33人を新規雇用する予定だ。事務所、工場、倉庫など建物の延べ床面積は1万3780平方メートルになる。操業開始は2022年4月を見込む。

ページトップ