Powered by 日刊工業新聞

ニュース

兵庫県、水素社会先導プロ推進 産業界と連携

【2020年8月19日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

川重の液化水素運搬船の実証試験も進んでいる

【神戸】兵庫県は水素社会先導プロジェクトの推進を目的に「兵庫水素社会推進協議会」を発足した。2020年度中に同協議会内に二つの研究会を立ち上げる予定。研究会で水素利活用や海外未利用エネルギーから水素を製造し、日本へ輸送する国際的な水素サプライチェーン拠点となる水素受け入れ基地の県内誘致と水素発電の導入などを目指す。国の水素基本戦略などに基づき進めていく。

兵庫水素社会推進協議会は岩谷産業、大阪ガス、川崎重工業、関西電力、神戸製鋼所、東芝エネルギーシステムズ、トヨタ自動車、丸紅が参加。会長は新産業創造研究機構(NIRO)の牧村実理事長が務める。研究会には中小企業の参加を検討している。

水素の新たな利活用は

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ