Powered by 日刊工業新聞

ニュース

茨城県開発公社、ヒロセHDと売買契約 稲敷団地の16万㎡

【2021年3月30日付 東日本面 日刊工業新聞電子版

【水戸】茨城県開発公社は稲敷工業団地(茨城県稲敷市、総面積32万5000平方メートル)内の区画について、ヒロセホールディングス(HD、東京都江東区)と土地売買契約を結んだ。ヒロセHDは同工業団地内の用地約16万4000平方メートルを取得し、仮設構造物の製造・供給基地となる新工場を2023年12月に着工、26年4月の完成を目指す。新工場の建屋の規模や投資額は現時点で未定。

ヒロセHDは建築物の基礎工事や地下工事で使用する仮設鋼材や仮設橋梁などの製造、販売、レンタルを手がけ…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ