Powered by 日刊工業新聞

ニュース

インタビュー/富山市長・藤井裕久氏 スマートシティー推進

【2021年7月28日付 西日本面 日刊工業新聞電子版

地域の情報格差を解消

工業団地「呉羽南部企業団地」の入居者を募集している富山市。三大都市圏のいずれとも車で3―5時間程度の等距離にあるアクセスの良さを武器に企業誘致を積極的に進めている。4月からは選挙公約でスマートシティーづくりを掲げて当選した藤井裕久市長が新たに市政のかじ取りを始めた。新市長に企業誘致やスマートシティーの方向性を聞いた。

■ □

―呉羽南部企業団地は第2期工事分を分譲中です。進捗(しんちょく)は。

「第1期工事分は既に完売し、第2期工事分の分譲率も48%になっている。今の引き合いの状況であれば、いずれ一杯になるという手応えを感じている。企業が立地しやすい環境をつくっていくのに場所の提供は大事だが、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ