Powered by 日刊工業新聞

ニュース

住商、バングラ経済特区の工業団地販売 12月完工・操業開始

【2022年3月18日付 総合4面 日刊工業新聞電子版

住友商事は17日、バングラデシュの経済特区における工業団地の販売を始めたと発表した。首都ダッカの中心部から東に約20キロメートルに位置する約190ヘクタールの土地を先行開発する。12月の完工と操業開始を予定。バングラデシュ政府は2030年までに100カ所の経済特区開発を目標に掲げており、外国企業の進出が加速している。

開発事業会社に対する住友商事の出資比率は76%で、総事業費は約130億円を想定する。

工業団地は日本政府の円借款事業に

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる