Powered by 日刊工業新聞

ニュース

大林組、浪江に燃料電池4基 水素供給網を整備

【2022年4月12日付 建設・生活・環境・エネルギー面 日刊工業新聞電子版

【いわき】大林組は福島県浪江町の町内3カ所に50キロワットの定置型燃料電池(FC)3基など計4基を設置し、水素エネルギーマネジメントシステム(EMS)の構築に本格的に着手した。町役場構内にも水素ステーションを設置したほか、今夏には柱上パイプラインでの水素供給システムを整える。効率的な水素サプライチェーン(供給網)の実現を目指す。

浪江町では環境省の実証事業として、2020年度から同町にある福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)から、小型容器をまとめて固定したカードルで水素を街中に供給。定置型FCで電力・熱を供給するコージェネレーション(熱電併給)の利活用を研究してきた。

このほど、町の保養施設に

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる