Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/穏やかな時間が流れるマレーシア

【2019年9月11日付 国際面 日刊工業新聞電子版

子どものホームステイに最適

カンポン(村落)の中の裕福な家族が住む家

マレーシアの人口の69%を占めるマレー人は世界でもっとも穏やかな人種と言われている。歴史的に飢えを経験したことがなく、食料の確保の心配がなかったことが穏やかな性格を形成したものと思われる。マレー人が最も大事にするのは「心の平穏」。争いごとも好まない。

数百年前にマレーシアに移り住んできた中国人やインド人も、必然的にマレー人の穏やかさに影響された。マレーシアの中国人、インド人も世界で最も性格が穏やかと言われている。

また、マレーシアでは…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ