Powered by 日刊工業新聞

ニュース

富士コンピュータ、AI使い介護支援 技術研究所・ロボ工場完成

【2021年6月7日付 東日本面 日刊工業新聞電子版

富士コンピュータ(兵庫県加古川市、森和明社長)は「AI技術研究所・浪江ロボット工場」を福島県浪江町の産業団地に完成した。福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)の研究オフィスと一体で、人工知能(AI)技術を活用し、介護支援のコミュニケーションロボットの開発を本格化する。

同社はAI技術とAIを搭載したロボットの開発拠点を福島県に設置するため、2年前に福島ロボットテストフィールドに研究オフィスを開設。このほどロボット開発・生産拠点となるAI技術研・ロボット生産工場を浪江町に完成した。敷地面積は2000平方メートル、延べ床面積1000平方メートルで当初人員は7人。

同工場では…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ