Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/通貨下落止まらないトルコ

【2020年10月7日付 国際面 日刊工業新聞電子版

コロナ・政治、回復の重石

2020年4月以降、コロナ危機に対する国際金融市場の動揺が落ち着いたことで、安定的な推移を見せ始めた新興国通貨も多い中、トルコリラは8月以降、対ドルでの下落圧力に再びさらされている。

振り返ればここ数年、トルコへの逆風は強かった。16年のクーデター未遂事件に始まり、米国との対立を背景とした18年のいわゆる「トルコショック」、そしてコロナ危機と続いた。この間、トルコは通貨下落とインフレ率上昇のスパイラルに悩まされてきた。消費者物価指数は17年以降、年平均で前年比10%を超えた上昇を続けている。

資本流出・通貨下落といった状況を悪化させた背景には、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ