Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/医療機器イノベーターの願い

【2020年9月17日付 国際面 日刊工業新聞電子版

日米オープンイノベ基盤に

USJMFは毎年、メドテックウイークを日本で開催している(駐日米国大使館での集合写真)

新型コロナウイルスが猛威を振るい、医療機器やワクチンの重要性を多くの人々が再認識した。世界中で医療の進歩が待ち望まれる今だからこそ、日米の医療機器産業の成長促進に尽力している人の声に耳を傾けるべきではないか。そこで、私が心から尊敬する池野文昭氏に話を伺った。

池野氏は日本で医師としてへき地医療に携わった後、スタンフォード大学の研究者となり、約20年間、200社を超える米国医療機器スタートアップの研究開発や動物実験、臨床試験などに関与。7年前にシリアルアントレプレナーのジャック・モーマン氏、弁護士事務所WSGR、コンサルティングファームAZCAとともにNPO法人USジャパン・メドテック・フロンティアーズ(USJMF)を設立。日米間の医療機器イノベーションのネットワーク形成を促進している。

また、日本バイオデザイン学会理事として、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ