Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/EU離脱決められない英国 北アイルランド問題懸念

【2019年5月15日付 国際面 日刊工業新聞電子版

 

英国のEU離脱が決まらない。2016年6月23日に離脱を巡る国民投票が実施され、それを受け英国政府が欧州連合(EU)に離脱を通告したのが、翌年3月29日。それから2年後の今年3月末には離脱する予定だった。この間、英国政府とEUは離脱協定案で合意をした。ところが、この協定案が英国下院を通らない。何度か採決にかけたが決着できず、4月10日の臨時欧州首脳会議で10月末日までの決定延長が認められた。

離脱協定案では、労働党が離脱後のEUとの通商関係を関税同盟にすることにこだわり、保守党強硬派および北アイルランド民主統一党(DUP)は北アイルランドとアイルランドとの国境の扱いに難色を示しており、合意の道筋が見えてこない。

離脱の最大の懸念材料は、この北アイルランド問題だ。アイルランド独立の際、英国の…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ