Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/中国、個人消費持ち直し

【2020年9月2日付 国際面 日刊工業新聞電子版

医療・経済促進策を拡充

中国では新型コロナウイルス禍で落ち込んだ個人消費が持ち直し始めた。代表指標となる小売売上高を見ると、新型コロナ禍で経済活動がほぼ停止した1―3月期には前年比19.0%減と大きく落ち込んだが、4月には同7.5%減、5月には同2.8%減、6月には同1.8%減、7月には同1.1%減と月を追うごとにマイナス幅を縮め、前年水準までもう一歩のところに漕(こ)ぎ着けた。

内訳が公表される一定規模以上の小売り統計を見ると、1―3月期には飲食が前年比41.9%減、衣類が同32.2%減、自動車が同30.3%減、家電類が同29.9%減、家具類が同29.3%減、化粧品が同13.2%減、日用品類が同4.2%減と軒並みと大きく落ち込んだ。

しかし、その後の4―7月期を筆者が集計したところ、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ