Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/米景気回復のカギ握る大統領選 連邦議会選の結果も重要

【2020年9月9日付 国際面 日刊工業新聞電子版

8月中旬から下旬にかけて共和党、民主党の全国大会が開催され、現職のトランプ大統領、およびバイデン氏が両党の大統領候補者として正式に指名された。大統領選挙は11月の本選に向けていよいよ本格化する。

今回、4年ぶりの政権奪還を目指す民主党の政策案を確認すると、その多くはトランプ大統領が就任以降行ってきた政策を覆すことを公約としている。現職のトランプ大統領が、民主党のオバマ前大統領による政策の多くを覆してきたため、そこからの揺り戻しはごく自然な流れと言えよう。したがって、大統領選挙の結果次第で、少なくともこの先4年間の政策の方向性は大きく異なることになる。

だが一方で、大統領選挙の結果がどうであったにせよ、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ