Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/ドイツ、補助金でEV販売台数増

【2021年2月4日付 国際面 日刊工業新聞電子版

充電インフラ拡充課題

ドイツ自動車業界の電気自動車(EV)シフトが本格化している。ドイツ政府が去年新型コロナウイルス対策の一環としてバッテリーによるEVとプラグインハイブリッド車(PHEV)の購入補助金を増やしたところ、これらの車の販売台数が前年比で約3倍に増えたのだ。

連邦自動車庁(KBA)によると、BEVの新車販売台数は、2019年には6万3281台だったが、20年には約207%増えて、19万4163台となった。またPHEVは、19年には4万5348台売れたが、20年は342%増えて20万469台売れた。

19年に売れた新車のうち、BEVとPHEVの比率は3・1%だったが、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ