Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/EU・中国、投資協定で大筋合意

【2021年1月22日付 国際面 日刊工業新聞電子版

■貿易含まず実効性疑問

欧州連合(EU)は2020年12月30日、中国との間で包括的な投資協定を締結することで大筋合意した。

EU加盟国には中国との経済的な結びつきが強い国も多く、これまで対中政策で足並みの乱れが目立っていた。14年に始まった交渉は、新疆ウイグル自治区での強制労働問題や中国が進出企業に要求する技術移転などが障害となり、近い将来の合意は困難とみられてきた。

中国との交渉妥結に強い意欲を示したのが、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ