Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/中国、V字回復した車市場

【2020年9月30日付 国際面 日刊工業新聞電子版

乗用車→商用にシフト

中国では自動車販売がV字回復している。世界で最初に新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の爆発的感染(オーバーシュート)に見舞われた中国では、1―2月累計の自動車販売が224万台と、前年同期の385万台に比べて41.9%減に落ち込んだ。そして、3月も前年比43.2%減と低迷したが、4月には同4.5%増と前年水準を上回り、5月には同14.7%増と急増し、その後も2ケタの高い伸びを続けている。

中国で自動車販売がV字回復した背景には新型コロナ禍が収束に向かったことがある。中国本土で新たに確認されたCOVID―19の症例数は4月以降、多くても100人ほどに抑えられている。しかし、新型コロナ禍の“第2波”襲来を恐れる中国政府は極めて慎重に経済活動を再開させる方針を採っているため、自動車を使ったヒトの動きを表す道路旅客は8月になっても2020年1月の7割ほどに留まっている。道路旅客の戻りが鈍いことを反映して、自動車の販売台数のうち乗用車は8月も175万台で前年比6.1%増と小幅な増加に留まる。1―8月累計で見ても前年比15.3%減と依然として大幅な前年割れのままだ。

他方、自動車を使ったモノの動きを表す道路貨物は急速に増加し、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ