Powered by 日刊工業新聞

コラム

【連載】グローバルの眼/正念場の中国経済

【2019年10月16日付 国際面 日刊工業新聞電子版

6%台成長維持へ景気対策

中国国家統計局は18日、7―9月期の国内総生産(GDP)を発表する。中国経済は昨年、「債務圧縮(デレバレッジ)」を推進したことによりインフラ投資が急減速することとなった。また、昨年夏に激化した「米中対立」は、中国経済の将来を担う「中国製造2025」関連産業の先行きに不透明感をもたらし、製造業の投資を鈍らせるとともに、中国株が大きく下落して消費者マインドを冷やし、自動車販売は前年割れに落ち込んだ。さらに、「産業のコメ」と言われる集積回路(CI)にも影響を及ぼし、データセンター建設ラッシュが沈静化し、次世代通信規格(5G)への移行期に差し掛かったスマホの買い控えも重なって、18年の経済成長率は6%台後半から6%台前半に減速することとなった。

そこで中国政府は18年12月、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

最近チェックした情報

ページトップ