Powered by 日刊工業新聞

ニュース

インタビュー/西尾市鋳物工業協同組合理事長・鈴木英昭氏

【2021年11月11日付 機械・ロボット・航空機1面 日刊工業新聞電子版

愛知県の西尾市鋳物工業協同組合が設立100周年を迎えた。古くは江戸時代から根付いてきた同市の鋳物業は、顧客や業態を変えながら発展を続けてきた。一方、車や工業機械の電動化、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)、人手不足など、業界を取り巻く環境は激変期にある。次の100年をどう描くか。鈴木英昭理事長(ヤマキ会長)に聞いた。

―1921年に組合が設立されました。

「1716年に西尾城主が近江国(現在の滋賀県栗東市)から招いた2人の鋳物師が、…

日刊工業新聞電子版で続きを読む
(電子版への会員登録・ログインが必要です)

ページトップ

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる